専門用語・業界用語

「snackbar」と「toast」の違いを世界一わかりやすく解説!

この記事では、「snackbar」と「toast」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「snackbar」とは?

snackbarとは、モバイルアプリやウェブアプリなどでよく使われる、短いメッセージや通知を表示するためのUIコンポーネントです。画面の一部に一時的に表示され、ユーザーに情報やアクションを伝えることができます。

「toast」とは?

toastとは、モバイルアプリなどで使われる、短いメッセージをポップアップとして表示するためのUIコンポーネントです。画面の上部や下部に一時的に表示され、情報や成功・失敗などの状態をユーザーに伝えることができます。

「snackbar」と「toast」の違い

snackbarとtoastは、表示される位置やデザインの違いがあります。snackbarは画面の一部に表示され、メッセージの下にアクションボタンを配置することもできます。一方、toastは画面の上部や下部に表示され、アクションボタンを持たず、単純なメッセージの表示に特化しています。

「snackbar」の例文

以下はsnackbarの使用例です。

“`java
Snackbar.make(view, “メッセージを送信しました”, Snackbar.LENGTH_SHORT).show();
“`

上記のコードでは、指定したviewに対して”メッセージを送信しました”というメッセージを表示するsnackbarを作成し、短い時間で表示しています。

「toast」の例文

以下はtoastの使用例です。

“`java
Toast.makeText(getApplicationContext(), “データを保存しました”, Toast.LENGTH_LONG).show();
“`

上記のコードでは、現在のコンテキストに対して”データを保存しました”というメッセージを表示するtoastを作成し、長い時間で表示しています。

まとめ

snackbarとtoastは、ユーザーに情報やアクションを伝えるための短いメッセージを表示するためのUIコンポーネントです。snackbarは画面の一部に表示され、アクションボタンも配置できます。一方、toastは画面の上部や下部に表示され、シンプルなメッセージの表示に特化しています。どちらのコンポーネントもプロフェッショナルな開発者にもわかりやすく丁寧に使われることが重要です。